警察に捜索願を出せば人探ししてくれるはず?

大切な家族や知人が家出などをした場合に、まず家族や友人たちで探し、見つからないという場合、警察に捜索願を出すでしょう。警察はこの捜索願を出した時点で捜査を行う必要がありますが、探偵事務所ほど積極的に行うかというとそういったこともありません。警察の場合、事件性がないと判断すれば積極的に探すことはないのです。

 

成人した方が、誰かに連れ去られたとか、何かの事件に巻き込まれたということではなく、自らの意志で家出をしたと考えられる場合、積極的な捜索を行うことはありませんし、もし、その方が仮に職務質問等受けたとしても、届出をしたご家族に連絡するかの判断は警察ではなく、その方本人の意思に任せるという場合が多いのです。

 

あなたに捜索願が出ていますので、ご家族に連絡してみた方がいいよということを伝えてくれても、そこで保護なり確保なりして、ご家族に連絡してくれるようなことはありません。

 

もしかしたら自殺する可能性があるという場合でも、成人であり、事故や事件などに巻き込まれたという可能性が低い場合には、積極的に探すことはないのです。また、借金トラブルや夫婦間のトラブルなどの場合、「事件が起こりそうな場合でも」事件が起こらない場合には力になってくれることは少ないでしょう。

 

いち早く人探しをするためには、探偵事務所など民事介入ができる専門家に依頼することが重要なのです。